January 7, 2018

クリングス加工



ヴィンテージ”SWANK”の多角形フレーム。
表裏にカッティングが施され、立体的なデザインが秀逸なヴィンテージならではの一枚。

こちらにクリングス加工のご依頼。凝った作りがゆえかなり難しいご依頼です。

当店のクリングス加工は「穴あけ」タイプの既製品と同じ仕様で行います。
穴を空けるためにまずは、平な状態に削っていきます。穴部分だけでなく広く削っているのは、カッティングされたデザインと馴染ませるためです。

デザインを損なうことなく、自然なクリングス仕様へと換装。
フィッティングも向上し、お客様の「視生活」も豊かになったのではないでしょうか ← 眼鏡屋の決まり文句

当店では眼鏡に関する様々なご依頼を受け付けております。度数測定から修理や調整といったことでお悩みの方、是非一度ご相談ください。
他店様でご購入されたフレームも喜んで承ります。