Lesca LUNETIER

「”French Heritage” フランスの伝承」と自らの活動を位置づけるレスカ家によるアイウェアブランド。
20世紀初頭から、眼鏡の産地として名高いフランスのジュラ地方でメガネに携わってきた一族は1964年にオリジナルブランドの”レスカ ルネティエ”を立ち上げました。

ジュラ地方に根付いた一族ならではの、様々な職人との信頼関係による結びつきと、代々受け継いで来た金型や機械などの昔ながらの設備から生みだす伝統的なフレームの数々は、フランスのみならず、世界中で愛され続けている。

建築家であり画家でありデザイナーでもあったル・コルビジェが自らデザインをおこした[La Corb’s ]は、のちに自身のアイコンともなったことは余りにも有名である。